2006の最近のブログ記事

2006/3/3 T-1 Last Flight /RJNH

=はじめに=

ラストフライトのページを作ろうと計画していた私に、
「T-1のラストフライトは離陸した小牧のレポ、そして着陸した浜松のレポがあって完成ですよね?」
と、相互リンクさせていただいている「Primary Wings」の管理人さんのらぶこすた~さんからお話がありました。
そして、浜松でその日撮影されていたご自分のお写真と、レポを提供して下さったんです。

また、らぶこすた~さんのご友人のLivinng Aviatorさんにもお話をしていただき、
Livinng Aviatorさんからもお写真を提供していただくことが出来ました。

お二人がご協力して下さったおかげで、
こうしてこの場で2006/3/3T-1Bラストフライトを完全なレポとしてお届けすることが出来ます。

お二人のご厚意に心より深謝いたします。
本当にありがとうございます。 
            
                                    「ZUBOTTY WORLD」管理人 ZUBOTTY 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
3/3浜松基地

当日は朝早くから基地に展開しました。
浜松の方に脚立とポイントを確保してもらっていたものの、T-1の時間が読めない上に情報が錯綜して不安になっていたからです。
しかし、ポイントに着くと既に皆さん臨戦態勢で待機中。結局、私の到着が一番最後となりました。

ベースに選んだのは、通称水神の森、と呼ばれるポイント。とはいっても、私がここを使うのは初めてです。
このポイントはAWACSの配備に伴いフェンスに目隠しがされたため、視界は零なのですが、
貸していただいた脚立に立つと、南・北両基地とも見渡せ視界は意外に広がりました。
撮りにくい浜松基地、という認識を見直すほどです。
これで、T-1を迎える準備は出来ました。

そのとき、知り合いが「いいモノが来るってよ」と教えてくださいました。
私が、いいモノ?一体何??なんて顔をしていると、「EC-1!」とひとこと。
・・・って、カモノハシですかー???まだ撮ったことないですよ!!
急いで脚立に登り,人生初のEC-1をゲット。怪しく光る黒いレドームに尾翼はノーマーク、怪しさ満点だけど素敵だ(笑)
聞くところによると、浜松へのEC-1飛来はそれほど珍しくないんだとか。年に数回、定期的に来るそうです。

 さて、この飛来によってEC-1に感化された私のツレは放っておいて、今日のメインはT-1のラストでした。
小牧離陸時間は9時か9時半か。それとも、当初の予定通り午前にラストのデモフライト、午後に浜松フェリーか。

 そのとき、ZUBOTTYさんよりT-1Bラストタキシーの報が入りました。
浜松外柵組にも、なんともいえぬ緊張感が漂い始めます。時刻は9:25.
今から考えるとこの時点では飛来の確証はなかった訳ですが、私も含めて、外柵の皆さんは天性のカンで戦闘モードに移行したのでした(笑

そして、エアバンドに耳を傾ける私達に、コールサインが流れてきました。いよいよ、空自最後のT-1Bが浜松の空に姿を現したのです。

最後の着陸をするために。

そして、退役するために。

悲しいことに、スクラップになるために、かもしれません。


誰からともなく、「見えたッ」との声が上がりました。
T-1Bの編隊はSP機を先頭に2機を両翼に従え、浜松のノースダウンウインドに姿を見せました。
時に、9:50分のことです。
編隊はゆっくりと翼を翻し、南基地上空に進入してきました。
しかし、この場所では木に掛かって編隊が直前まで視認できません。
木陰から突然あらわれた編隊、ギャラリーのうめきにとも嗚咽ともつかぬ声をモードラの連写音が覆います。

060303nh_007.jpg 060303nh_008.jpg

060303nh_009.jpg


頭上を通り過ぎた編隊は南基地上空で編隊を解きました。
まず、一番機であるSPがピッチアップしてレフトブレイク。
そして、左翼機、右翼機と続きます。






本日を境に閉じていくT-1の歴史。
その花道を飾ろうと、最後に残った三機のT-1は記念塗装に身を包んでいました。

060303nh_001.jpg 060303nh_002.jpg

↑ Photo By Living Aviator
一番機の尾翼は、第五術科学校の飛行訓練を支援した第一術科学校のエンブレムが掲げられています。
第一術科学校は整備の学校であるため、その所属機はフライトすることがありません。
このエンブレムをつけたT-1がフライトするのは今回が最初で最後となりました。

060303nh_005.jpg 060303nh_006.jpg

↑ 青い空から、空自を半世紀にわたって支えた赤い練習機が静かに舞い降ります。
そう、彼らはこの瞬間を最後として、二度と大空を舞う事はないのです。
住み慣れた空に別れを告げ、乾いた台地に足をつけた#863はしかし、名残を惜しむかのように機首を浮かせたまま滑走していきました


060303nh_004.jpg



←2番機の#853もその役目を静かに終えようとしています。
胴体には"さようなら T-1B"の文字。
「戦後初のジェット練習機」日本の航空技術を復興させ、多くのパイロットを育て、
そして晩年には要撃管制官の養成に従事した愛らしい機体とも今日でお別れなのです。




060303nh_003.jpg




最後の#860には"初鷹魂""T-1 forever"の文字。
愛称"初鷹" その精神が永遠に受け継がれていく事を切に希望します。






全てを見送ったギャラリーに、大きな溜息が漏れました。

ラストフライトの感想を語り合う声もすぐに止み、あとはみな無言のまま。
帰り支度を始める人も散見されます。
誰からともなく漏れた「全て終わったね」の言葉が全てを表していました。


写真:らぶこすた~さん Living Aviatorさん/文:らぶこすた~さん




2006/3/3 T-1 Last Flight/RJNA

この日は小牧基地にいる最後のT-1 #853 #860 #863 そして#866のラストフライトが行われました......


前日、岐阜基地で撮影した時に集まっていた方々から「明日小牧もラストじゃないかな?」というお話をお聞きしました。
また、私と一緒に撮影していた友人に「小牧にSP機が出た」という連絡も入っていたのです。
勿論行くしかないですよね!!

というわけで、この日朝から小牧に出かけていきました。
どういう状況になるのか全く分からなかったので、逆光にはなりますが基地全体を見渡せるboon横の公園を撮影場所に決めます。
そして高台に上がり基地の様子を見てみると.......

060303na_001.jpg



←いた~ッ!!
0830頃にはすでに4機エプロンに並んでいました。
ちゃんとラストのSP機もいます。
築城のF-1ラストのSP機と同じ感じの塗装みたいですね。




060303na_002.jpg 060303na_003.jpg

060303na_004.jpg 060303na_005.jpg

↑ 3月に入ったとはいえ、まだまだ冷たい風が吹く中待つこと約1時間!!
0920頃、変な位置に消防車が止まるな??なんて思ったら放水を開始し、その下を一機ずつT-1が通っていきます。
ラストフライトの時に良く行われるという消防車の放水アーチ!!
生で初めて目にした私は夢中でシャッターを切ります。
そして........それと同時にこの4機のラストフライトを確信し、またもしんみりモードに............
前日の岐阜に続いて、小牧のT-1も.........

060303na_006.jpg 060303na_007.jpg

ここで、私と同じように小牧のT-1の動向を気にしつつも、この場に来ることが出来なかった友人達にメールを送信.....
『T-1 ラストタクシー開始....』と.......
この場に来ることは出来なくても、空を見上げればもしかしたらその姿を目にすることが出来るかも...と思い...


私が撮影している場所では、とりあえずココで一度限界.......
タクシーの続きは、私の友人が別の場所で撮影した写真を掲載許可付きでいただきました。
SAVAGEさん、このような場ではありますが、本当にありがとうございます。
お心遣い心より深謝いたします。

20060303komakioku001.jpg 20060303komakioku002.jpg

20060303komakioku003.jpg 20060303komakioku004.jpg

20060303komakioku005.jpg 20060303komakioku006.jpg

20060303komakioku007.jpg 20060303komakioku008.jpg

20060303komakioku009.jpg


ラストのSP塗装に身を包んだ#863は、
パイロットさんのヘルメットもSP塗装みたいですね♪
そして #853 #860にもそれぞれラストのメッセージが書かれていました。

さよなら.......FOREVER.......初鷹魂





.....ここからまた私の写真に戻ります。

060303na_008.jpg 060303na_009.jpg

060303na_010.jpg 060303na_011.jpg

060303na_012.jpg 060303na_013.jpg

060303na_014.jpg 060303na_015.jpg

↑ 0930頃.......もう二度と見ることが出来ないT-1の離陸姿........最後の空へと向かいます。
最初に3機、そして#866が1機で離陸しました。

060303na_016.jpg 060303na_017.jpg

060303na_018.jpg 060303na_019.jpg

060303na_020.jpg 060303na_021.jpg

↑そしてダイヤモンドでローパス

060303na_022.jpg 060303na_023.jpg

060303na_024.jpg 060303na_025.jpg

060303na_027.jpg


←↑そして一機がブレイクし、
もう2度と戻ることの無い空に別れを告げ最後の着陸。
多くの隊員さんが長い任務を無事に終えたその機体を迎えます。

しばらくすると、浜松にいた友人から『浜松に3機着陸.....』
と連絡が入りました。
あの3機の最後の地は浜松だったのですね..........





どちらかというと岐阜メインで、あまり小牧には行かなかった私です........
本当は小牧の方がずっと近いんですが、色々と事情があって一人では行かなくなったから...........
最後の姿を見ていて「もっと、もっと通えばよかったな........」って正直思いました。
遅いですけど.............

私が生まれる前からこの空を駆け巡っていた翼が、この日長い長い任務を無事に終えました。
長い間本当にお疲れ様でした........そして.......ありがとう.......




2006/3/2 T-1B#810 T-2#107 Last Flight

この日、岐阜基地のT-1B#810とT-2#107のラストフライトが行われました.......


朝、いつものように上がりを撮影後エンドに行くと........何事??と驚いてしまうほどのスゴイ人の数でした(苦笑)
練習機4機種による編隊飛行が2月24日と27日に行われたり、またネット上でも色々な噂が飛び交っていたりしてましたから......
航空祭前日の展開狙いの時ほどの人出ではありませんでしたが、平日の岐阜では私が記憶している限り最高の人数ではなかったでしょうか??

そんな中いつものように1stが終了しました。



2nd.....
離陸の撮影ポイントで待っていると1130頃からT-4、P-3C、F-2、そしてF-4が次々と離陸していきました。
そして.....

060302ng_001.jpg 060302ng_002.jpg

↑ 1220頃にT-2#107離陸!!それもいきなりハイレ~ト!!
高すぎる~~~って思ったのですが、丁度イイ感じに雲が入ってくれたので、なんとかそれなりには???(^_^;)

060302ng_003.jpg 060302ng_004.jpg

 060302ng_005.jpg 




←↑ そしてT-2から2分程遅れ、T-1#810が離陸です!





モニタを確認すると、詳細は分かりませんが機体に文字が増えているような??
やはり噂どおり今日この子達のラストフライトなのね........とちょっとしんみりモードに入る私。
それならば!と、一番確実に綺麗に撮影出来る場所!エンドへと向かいます。



エンドに移動ししばらくするとT-4やF-2が戻ってきました。

F-2#101が20分ほどローパスなどを繰り返す、良く遭遇するいつもの岐阜のフライト風景.........
そんな様子を撮影していると「本当に今日あの2機ってラストなのかな?」なんて思えてしまいます。
そんな思いを感じ始めた私の目に.......

060302ng_006.jpg 060302ng_007.jpg

↑ 1320頃 仲良く2機並んで戻ってくる姿が!!
 少しでも綺麗に撮影したいからと、テレコン外していて良かった~
 つけていたら2機入らなかったです........

060302ng_008.jpg 060302ng_009.jpg

060302ng_010.jpg




←そのまま一機ずつ着陸かな?
なんて思ってたら2機並んでローパス!!





平日の岐阜のエンドだとは信じられない程に集まった、多くの飛行機ファンに最後のサービスをしてくれたのでしょうか?!
もしもそうだとしたなら、そのご配慮に心から深謝いたしますm(_ _)m←勘違い??w


060302ng_011.jpg 060302ng_012.jpg

060302ng_013.jpg 060302ng_014.jpg

060302ng_015.jpg




←↑ 1330頃......
2度と戻ることの無い青空に別れを告げ、
まずはT-2#107が基地へとその姿を消してゆきます。





この#107は私にとって特別な思い入れのある機体だったんです。
まだ何も分からず岐阜に通って写真を撮っていた頃.......
この子の写真がキッカケの忘れられない思い出が一つ........
今までこうして素人ながらなんとかHPを運営してこれたのも、そして一生懸命勉強して色々覚えたのも、
その思い出が影響している部分がかなり大きいですから.........

060302ng_016.jpg 060302ng_018.jpg

060302ng_019.jpg 060302ng_020.jpg

060302ng_021.jpg




←続いてT-1B#810も.........








この後の岐阜基地は、何事も無かったように3rd、そしてナイトのフライトまで行われました。
私はナイトの上がりまで基地にいたのですが、またこの2機が当たり前に出てきて飛んでくれるんじゃないか......そんな気持ちは消せませんでした。

このレポを書いている4/8現在........
すでに某雑誌でラストフライトの特集に目を通し、さらにこの後何回か基地に行き、もうこの2機が飛ぶことは無いという現実をしっかり認識させられましたが.........

本当に長い間お疲れ様でした.........そしてありがとう...........



1  2